鯖-saba-

 

鮭-sake-

 

鮪-maguro-

 

鰹-katsuo-

 

鯨-kujira-

 

一夜干し-ichiyaboshi-

 

漬魚-tsukeuo-

 

辛子明太子-mentaiko-

 

塩たらこ-shiotarako-

 

いくら-ikura-

 

数の子-kazunoko-

 

うに-uni-

 

うなぎ-unagi-

 

海鮮佃煮-tsukudani-

 

生珍味-namatinmi-

 

干し珍味-hoshitinmi-

 

丸干し-maruboshi-

 

しらす干し-shirasuboshi-

 

いりこ-iriko-

 

昆布-konbu-

 

のり-nori-

 

海藻-kaisou-

 

かに-kani-

 

帆立貝-hotategai-

 

えび-ebi-

 

いか-ika-

 

冷凍魚-reitougyo-

 

すり身-surimi-

 

蒲鉾-kamaboko

 

九州のうまいもの-umaimono-

 

特集コーナー

店長日記

店長金子

こんにちは!店長の金子です。
波ブランドは業務用海産物専門の卸売り通販サイトです。
水産加工一筋30年の私が責任をもって、格安、迅速にお届けいたします。
店長日記はこちらから

携帯ページ

HOME»  煮干しの栄養成分

煮干しの栄養成分

皆さんは、煮干しは好きですか。煮干しには、たくさんの身体に嬉しい栄養成分が含まれていますので、積極的に料理に活用していただければと思います。実際に、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。こちらで詳しくご紹介いたします。

カルシウム

煮干しが注目されているのは、何といってもカルシウムの存在が大きいのではないでしょうか。骨や歯を強くしたり心を落ち着かせるなど、重要な役割を果たしていることはご存じの通りです。

しかし私たち現代人は、食生活や生活習慣の変化により、必要とされるカルシウム量を摂取できていないことが懸念されています。煮干しには、その不足がちなカルシウムが豊富に含まれています。カルシウムを多く含むカルシウム食品のなかでも常に上位をキープしているほどで、とても優秀なカルシウム補給源だといえます。

主に赤血球中のヘモグロビンに取り込まれ、全身に酸素を運ぶ働きをします。不足すると全身に酸素が行き渡らず、めまいや貧血、頭痛などの不調を引き起こします。そんな鉄も、現代人に不足しがちな栄養成分の一つです。特に女性の方は、月経により貧血になりやすい傾向にありますので要注意です。

煮干しは、一般の食品と比べ、鉄分の含有量が圧倒的に多いことが知られています。また、植物性食品より動物性たんぱく質に含まれている方が鉄の吸収や利用率が高く、煮干しは鉄分不足の方にベストな食品なのです。

DHA・EPA

DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は、あらゆる生活習慣病を予防するマルチな栄養成分です。そしてこれらは、ほぼ水産物にしか存在しません。特にイワシなどの青身魚にはたっぷり含まれており、煮干しは栄養満点のカルシウム食品といえるわけです。

また、子供の脳が最も発達する胎児期や乳幼児期にも、DHAやEPAの摂取が欠かせません。妊婦さんや母乳を与えている方は、積極的に摂取するよう心がけましょう。

煮干しを購入しようとお探しの方は、九州水産加工品を販売する波ブランドをご利用ください。波ブランドでは煮干しのなかでも人気のある、九州瀬戸内の銀ダレ煮干しを販売していますので、ぜひお買い求めください。

煮干し以外にも、素干しや丸干し、しらす干しなどの干物のほか、塩さばや鮭、まぐろなど、豊富に九州の水産加工品を取り揃えています。業務用の水産加工品の販売もしていますので、業者の方もお気軽にご利用ください。