鯖-saba-

 

鮭-sake-

 

鮪-maguro-

 

鰹-katsuo-

 

鯨-kujira-

 

一夜干し-ichiyaboshi-

 

漬魚-tsukeuo-

 

辛子明太子-mentaiko-

 

塩たらこ-shiotarako-

 

いくら-ikura-

 

数の子-kazunoko-

 

うに-uni-

 

うなぎ-unagi-

 

海鮮佃煮-tsukudani-

 

生珍味-namatinmi-

 

干し珍味-hoshitinmi-

 

丸干し-maruboshi-

 

しらす干し-shirasuboshi-

 

いりこ-iriko-

 

昆布-konbu-

 

のり-nori-

 

海藻-kaisou-

 

かに-kani-

 

帆立貝-hotategai-

 

えび-ebi-

 

いか-ika-

 

冷凍魚-reitougyo-

 

すり身-surimi-

 

蒲鉾-kamaboko

 

九州のうまいもの-umaimono-

 

特集コーナー

店長日記

店長金子

こんにちは!店長の金子です。
波ブランドは業務用海産物専門の卸売り通販サイトです。
水産加工一筋30年の私が責任をもって、格安、迅速にお届けいたします。
店長日記はこちらから

携帯ページ

HOME»  魚焼きグリルのお手入れ方法

魚焼きグリルのお手入れ方法

通販で購入したおを焼いた後のグリルは油汚れがひどく、毎回の掃除は大変です。
こちらでは焼いた後の魚焼きグリルのお手入れ方法についてご紹介いたします。

洗う際の注意点

魚焼きグリルは焼いた後すぐに洗わないと、魚の脂が冷えて固まり洗うのが大変になります。焼いた後はできるだけ温かいうちに、キッチンペーパーや新聞紙で脂を拭き取ることをおすすめします。もし冷めてしまっても、金属のタワシで無理に固まった脂をとろうとすると、網のコーティングが剥がれてしまいます。グリルが冷めている・冷めていないに関わらずスポンジで洗うようにしましょう。また、お水ではなく、お湯を使って洗うことで汚れが落ちやすくなります。

焼く前にできること

温かいうちに洗う方が良いのですが、焼いた後すぐに洗うことができない場合も多いかと思います。そんな場合には、焼く前に水と片栗粉を混ぜたものを受け皿に入れて焼くことがおすすめです。普段通りに焼いた後しばらく待つことで、片栗粉が汚れと一緒に冷えて固まるので、油汚れをスポンジで落とす必要がありません。こうして簡単に洗えるようになるだけでなく、水道代の節約にもなります。

お茶の搾りかすでにおいとり

油汚れを落とせることができたとしても、においが残ってしまう場合もあるのではないでしょうか。そんな時には、コーヒーやお茶の搾りかすを受け皿に入れて加熱するのが効果的です。お魚のにおいの原因はジメチルアミンやトリメチルアミンといったアルカリ性の成分が原因です。コーヒーやお茶の搾りかすに含まれる酸性のポリフェノールが、アルカリ性であるにおいの成分と中和反応を起こすので、においをとることができます。

洗い方を工夫することで焼いた後の片付けが簡単になり、魚焼きグリルをためらうことなく使うことができます。
波ブランドでは九州近海や山陰、瀬戸内産の鮭や冷凍マグロ、鯨などのお魚を通販で取り扱っております。

お魚以外にも、海産佃煮一夜干しされた干物など様々な瀬戸内産の海産物を取り扱っていますので、瀬戸内産の海産物を通販でご購入をお考えの方は、ぜひ波ブランドをご利用ください。まとめて購入することで送料が無料になるので、ご家庭用だけでなくギフトにもおすすめです。