鯖-saba-

 

鮭-sake-

 

鮪-maguro-

 

鰹-katsuo-

 

鯨-kujira-

 

一夜干し-ichiyaboshi-

 

漬魚-tsukeuo-

 

辛子明太子-mentaiko-

 

塩たらこ-shiotarako-

 

いくら-ikura-

 

数の子-kazunoko-

 

うに-uni-

 

うなぎ-unagi-

 

海鮮佃煮-tsukudani-

 

生珍味-namatinmi-

 

干し珍味-hoshitinmi-

 

丸干し-maruboshi-

 

しらす干し-shirasuboshi-

 

いりこ-iriko-

 

昆布-konbu-

 

のり-nori-

 

海藻-kaisou-

 

かに-kani-

 

帆立貝-hotategai-

 

えび-ebi-

 

いか-ika-

 

冷凍魚-reitougyo-

 

すり身-surimi-

 

蒲鉾-kamaboko

 

九州のうまいもの-umaimono-

 

特集コーナー

店長日記

店長金子

こんにちは!店長の金子です。
波ブランドは業務用海産物専門の卸売り通販サイトです。
水産加工一筋30年の私が責任をもって、格安、迅速にお届けいたします。
店長日記はこちらから

携帯ページ

HOME»  干物をさらに美味しくするための焼き方

干物をさらに美味しくするための焼き方

ギフトやお酒のおつまみなど様々なシーンで使える干物ですが、皆さんは普段どのような方法で調理していますでしょうか。通販の干物は焼き方一つでさらに美味しくすることが可能です。

こちらでは、そんな干物の焼き方についていくつかご紹介いたします。

炭火焼き

干物の一番美味しい食べ方と言えばやはり炭焼きです。炭の準備をしなくてはならないので多少手間は掛かりますが、炭火焼きならではの美味しさを味わうことができます。焼き方としてはまず、干物を網にのせる前にしっかり網を加熱しておきましょう。そうすることでがくっつきにくくなり、ひっくり返すときも身を崩さずスムーズに焼くことができます。

また、波ブランドの干物は冷凍してあるので、魚も前もってゆっくり解凍しておくと良いです。ただ、解凍が不十分ですと焼いたときに水っぽくなってしまう可能性があります。冷蔵庫で半日~一日かけて解凍することをおすすめします。準備ができたら片面2分ずつサッと焼いてお召し上がりください。

炭火焼きが難しいという方はグリルで焼くと良いです。グリルの場合は片面3~5分が目安です。

フライパン

通販で購入したほっけやカレイなどの一夜干しをフライパンで焼く方もいらっしゃるでしょう。フライパンで焼く場合は、焼き具合を目で確かめられるだけでなく、音で確かめることもできます。「ジュージューパチパチ」という音がしたらひっくり返す合図となります。グリルなどで焼くよりも焦げが付きますが、それもアクセントになって美味しいです。

他にも、炊き込みご飯やお茶漬けに交ぜたりと様々な食べ方があります。
お気に入りの食べ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

波ブランドでは九州近海や山陰、瀬戸内産の魚にこだわって販売しています。干物以外にも、海産佃煮や塩たらこなど様々な瀬戸内産の魚を取り扱っていますので、美味しい魚を通販で購入したいという方はぜひ波ブランドをご利用ください。送料も一定金額以上のお買い上げで無料となりますので大変お得です。